効率的に飲む

ペディキュア

酵素ドリンクは、飲むだけで脂肪燃焼率を高め、体つきをスリムにしていくことができるという健康飲料です。 原料は野菜と果物ですが、発酵熟成することで酵素が増やされているので、野菜や果物をそのまま食べるよりも、多くの酵素を摂取することができます。また、ほとんど野菜と果物のみで作られているので、非常に低カロリーでヘルシーです。ミネラルやビタミン類も豊富なので、これ1杯で十分な栄養補給ができます。 そのため酵素ドリンクは、食前や食後に飲むよりも、それ自体を食事代わりにして飲むことが良いとされています。低カロリーな飲み物ですが、他のものを一緒に食べるとカロリーオーバーになってしまいかねません。また、空腹時に飲んだ方が酵素が体内に吸収されやすいのです。

別の飲み物に混ぜて飲むことは可能ですが、カロリーの過剰摂取を防ぐために、低カロリーな飲み物を選ぶことが大事です。たとえば牛乳に混ぜると、コップ1杯で150キロカロリーほど摂取することになってしまいますが、豆乳なら100キロカロリーほどで済みます。緑茶や紅茶なら、ノンカロリーです。さらに豆乳にはイソフラボンが、緑茶や紅茶にはカフェインが含まれているので、飲むことでさらなる脂肪燃焼効果が期待できます。 どうしても甘い味にしたいという場合には、蜂蜜やオリゴ糖を混ぜるのが良いとされています。これらには強い甘味がありますが、カロリーは高くありません。さらに整腸作用もあることから、混ぜることでダイエットが一層スムーズに進むようになるのです。